2004年01月13日

あろ


アジアアロワナの「あろ」。
現在体長31cm。体重、性別は不明です。
1999年2月に結婚記念として購入しました。
残念ながら、2002年1月15日他界しました。

60cm水槽じゃもう窮屈そうです。
120cm水槽が欲しいんですが、台もふくめると5万円をゆうに越えるので購入できずにいます。
誰かゆずってくれないかな・・・


水槽の前に人が立つと、目で追って、寄ってきます。
我が家のペットの中で一番人なっつこいのかも・・・

ちび
購入当時、体長16cm。
尾びれの先がほんの少し赤く、体色はシルバーで金色はまだ出てないです。
ちびのくせに勇壮に泳いでました。
めだか1匹食べるのも大きすぎて大変そうだったんですが、今では金魚を軽く一口です。
こいつがそのうち1mになるのかぁ・・・

正面
ひめに輪をかけて写真が撮りづらいです。何の前触れもなく旋回します。
撮影中は、日頃より、よく旋回するような。、、、いやなのかな?

遠ざかる
遠ざかって行くあろ。
そのひとみの先には何がうつっているのでしょう。
「めだか」だよん。



アジア・アロワナ
【レッドテール・ゴールデン(紅尾金龍)

ワシントン条約によって輸入匹数が制限され、飼育の際は環境庁への届け出が必要となっています。届け出はすごく簡単です。
毎年東南アジアから養殖された魚が輸入されてきます。体色が金色に輝くものや、赤いウロコに覆われるものなど、色彩変異が多いですが分類上は全て同一種とされています。
アロワナの仲間は世界各地に分布していて、大陸移動説の根拠のひとつとなっています。
水質は弱酸性〜中性で、26〜29℃の水温を好み、成魚で80〜100cmになりますので、水槽のサイズは120cm以上が望ましいです。今は60cm水槽で飼育中です。
なるべく単独飼育が望ましく、特に幼魚期は混泳には不向きです。水草水槽での飼育は可能です。繁殖は可能とされていますが、かなり難しいようです。
エサは、幼魚期は冷凍アカムシ・めだか・ペレット状フード(小)を与え、最近では、金魚・ペレット状フード(中)・フリーズドライフード(乾燥えび)を与えています。豪快に食いつきます。水槽から飛び出して死んでしまうという事故死(?)が多いというのも納得です。
posted by えーじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あろ(アロワナ)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14124340

この記事へのトラックバック